健康保険証か運転免許証のうちのどちらか一点を用意することができて、18歳以上で、最低限の収入があることが認められれば、消費者金融の融資を受けることが可能です。即日融資が中心であり、急にお金が必要となった場合には、消費者金融は非常に利用価値の高い金融機関です。

現在では、大手の消費者金融を中心に、銀行業界に参入するケースが増えています。銀行業界に参入した消費者金融を、銀行系消費者金融と呼ぶようになってきています。銀行系消費者金融は、銀行と消費者金融の中間の性格を持つ新しい金融機関です。銀行系消費者金融は、実際の店舗を持っていないケースが多いために、インターネットでの申し込みが中心となっています。融資の審査の申し込みから、実際に融資を受けるまでの手続きの全てを、自宅から行えるようになっています。午前中に審査に通ることができれば、午後には指定の口座に振り込まれることになります。

銀行業界に参入していない消費者金融は、専業系消費者金融と呼ばれるようになっています。銀行系消費者金融の融資の内容は、専業系消費者金融と比較すると2パーセントほど金利は安くなっています。

銀行系消費者金融が行う一部の融資は、銀行の融資として扱われるために、総量規制の対象外になっています。